UCカード|UC MasterCard & UC VISA
2017年11月26日(日)より、新システムに移行いたしました。
このたび、UCカードとセゾンカードのそれぞれのシステムを統合し、2017年11月26日(日)より、新システムに移行させていただきました。
これに伴い、一部サービス内容を変更させていただきました。
You're Here:ホームコーポレートプロフィールニュースリリース:2000年度下半期詳細
ニュースリリース

2001年1月17日
UC、「2002年ワールドカップ神戸開催推進委員会」と
「2002FIFAワールドカップ韓国日本」タイアッププロモーション実施 に

・公式記念カード「UC MasterCard Hand in Hand KOBE」発行
・市内各地でタイアッププロモーション実施
 ユーシーカード株式会社(UCカード 本社:港区 社長:望月正二)は、「2002FIFAワールドカップ韓国 日本」の公式スポンサーであるマスターカードインタナショナル(本部:米国ニューヨーク)との共同施策として、「2002年ワールドカップ神戸開催推進委員会」とのタイアップにより、公式記念MasterCardの発行や利用促進施策等、開幕に向けた関連プロモーションを展開します。

  本施策の第一弾として、同委員会との提携による公式記念カード「UC MasterCard Hand in Hand KOBE」を発行、本大会開催500日前となる1月17日より募集開始します。
  UCカード、マスターカードインタナショナル両社と「2002年ワールドカップ神戸開催推進委員会」では、本カード発行に合わせ、市内の観光スポットにおいて、本カード会員向け割引優待サービスの実施やイベントの開催等のタイアッププロモーション活動を一体となり展開し、本大会を盛り上げてまいります。

【今回の提携概要】
  1. タイアップ公式記念カード「UC MasterCard Hand in Hand KOBE」の発行
  2. 神戸市の観光スポット等における本カード会員獲得、利用促進プロモーション展開
  3. 「2002FIFAワールドカップ韓国 日本」関連イベント等のタイアッププロモーション実施
  UCカードグループではこれまでも、本大会の決勝戦開催都市である横浜市の商店街団体「横浜市商店街総連合会」や埼玉県の「成功させよう2002FIFAワールドカップ埼玉委員会」と公式記念カードを発行しており、今回の提携合意により公式記念カードを発行する開催地は3つめとなります。
 UCカードグループでは、今後も本大会開催地と連携し、アジアで初めて開催される世界最大のスポーツイベント「2002FIFAワールドカップ韓国 日本」をMasterCard国内最大メンバーとして支援するとともに、新規会員獲得強化、利用機会拡大、ブランドイメージの一層の浸透を図ります。

以上



戻る