UCカード|UC MasterCard & UC VISA
2017年11月26日(日)より、新システムに移行いたしました。
このたび、UCカードとセゾンカードのそれぞれのシステムを統合し、2017年11月26日(日)より、新システムに移行させていただきました。
これに伴い、一部サービス内容を変更させていただきました。
You're Here:ホームコーポレートプロフィールニュースリリース:2000年度下半期詳細
ニュースリリース

2000年10月12日
UC、文化放送ブレーンとの提携カード「365@UCカード」を発行
 ユーシーカード株式会社(UCカード 本社:港区 社長:望月正二)は、株式会社文化放送ブレーン(本社:港区 社長:河江 浩司氏)が10月より展開する「365@インターネットパック(サンロクゴインターネットパック)」を決済面でサポートする「365@(サンロクゴアットマーク)UCカード」の発行を本日より開始します

 「365@UCカード」は、文化放送ブレーン社が同日より開始するトータルインターネットパッケージ 「365@インターネットパック」を決済面からサポートするカードです。 「365@インターネットパック」は、パソコン購入、インターネットプロバイダ接続サービス、年中無休のユーザーサポートをパックにした商品で、本サービスを利用するためには、「365@UCカード」への入会が必要となります。

 「365@UCカード」の主な特典は以下のとおりです。

【主な特典】
1. 会員の年会費負担ゼロ。
「365@UCカード」の年会費(500円:税別)は、文化放送ブレーン社が全額負担。
2. リボルビング払い利率を10.5%の低料率に設定
リボルビング払い利率を通常の13.2%から10.5%の低料率に設定。
3. リボルビング払いの毎月の返済方法を多様化
リボルビング払いの返済方法として、これまでの毎月定額5,000円~50,000円に加え、毎月定額1,000円、2,000円、3,000円の低額支払コースを新設。毎月1,000円~50,000円の中から返済方法を選択。

 UCカードでは、これらの特典をセールスポイントに、20代を中心とした若年層の取り込みを図ります。

【「365@UCカード」発行記念入会キャンペーン】
1. 「365@UCカード」発行を記念して、2000年末までに本カードに入会した会員にもれなく「UCにこにこプレゼント(注)」のボーナスポイント100ポイントをプレゼントする入会キャンペーンを実施します。

(注)にこにこプレゼント− UCカードのポイントプログラム。カード利用1000円につき1ポイントを付与し、貯まったポイントを様々な商品と交換できる。100ポイントはカード利用金額10万円相当。


 UCカードと文化放送ブレーン社では、人材派遣業や各種学校等、会員組織を持つ企業を販売パートナーとして会員募集を行う予定で、2001年3月までに約50社との販売パートナー契約を目標としています。
 UCカードでは、本カード発行により、「365@インターネットパック」のメインターゲットである若年層の新規入会を促進するとともに、インターネット分野における利用機会拡大を図るものです。


【「365@UCカードの概要」】
カード名称 365@UCカード(サンロクゴアットマークUCカード)
カード種別 UC−Master一般/学生
UC−VISA一般/学生
年会費 500円(税別)
文化放送ブレーン社が全額負担 → 会員の負担ゼロ
発行開始 2000年10月12日
特典
1. 会員の年会費負担ゼロ
「365@UCカード」の年会費は文化放送ブレーン社が全額負担。

2. リボルビング払い利率を10.5%の低料率に設定
リボルビング払い利率を10.5%の低料率に設定(通常13.2%)。

3. リボルビング払いの毎月の返済方法を多様化
リボルビング払いの返済方法として、これまでの毎月定額5,000円~50,000円に加え、毎月定額1,000円、2,000円、3,000円の低額支払コースを新設。毎月1,000円~50,000円の中から返済方法を選択。
募集方法
1. 人材派遣業や各種学校等、会員組織を持つ企業を通じ会員募集。

2. 文化放送ブレーン社が運営する新卒学生向け就職情報サイト「メガジョブ・スチューデント」、「365@(サンロクゴアットマーク)」ホームページ等での告知。

以 上



戻る