UCカード|UC MasterCard & UC VISA
2017年11月26日(日)より、新システムに移行いたしました。
このたび、UCカードとセゾンカードのそれぞれのシステムを統合し、2017年11月26日(日)より、新システムに移行させていただきました。
これに伴い、一部サービス内容を変更させていただきました。
You're Here:ホームコーポレートプロフィールニュースリリース:2003年度上半期詳細
ニュースリリース

2003年7月22日
産経新聞購読料がUCカードで決済可能に!ポイントも貯まるのでおトク!
UC、産経新聞の定期購読申込者にポイントプログラムのボーナスポイント進呈
 UCカード(ユーシーカード株式会社 本社 : 港区 社長 : 上杉純雄)は産経新聞社(本社 : 千代田区 社長 : 清原 武彦)と契約し、本年6月より朝刊単独紙「産経新聞」の購読料をUCカードで決済できるようになりました。これを機に7月15日より産経新聞社と共同で「産経新聞」定期購読キャンペーンを実施します。

 期間中、新規に6ヶ月以上の「産経新聞」定期購読をUCカード決済でお申し込みいただいた方に、もれなくポイントプログラム「UCにこにこプレゼント」のポイント200ポイント(20万円ご利用時獲得分に相当)をプレゼントします。

 UCカードは、従来からスーパーマーケット・高速道路・鉄道・携帯電話など消費者の日常生活に密着したマーケットにおけるUCカード取扱いの促進を行ってきていますが、今般、未開拓マーケットの一つである新聞の定期購読料金のUCカード決済が可能となったことを機に利用促進キャンペーンを実施し、消費者への新聞購読料のカード決済浸透を目指すものです。
 上記の特典に加え、産経新聞の購読料をUCカードで決済すると、次の2つのメリットがあります。

(1) 毎月の購読料決済で「UCにこにこプレゼント」のポイントが貯まる。
(2) 煩わしい毎月の支払い手続きは不要。UCカードのご利用分として口座から引き落とされる。

 UCカードでは今後も他の新聞社、公共料金(電気・ガス・水道)などの生活に密着した小額マーケットへのクレジットカード導入を推進していきます。これにより消費者の生活に溶け込んだ決済機能を提供することで、さらなるUCカードの利便性向上、顧客満足度向上を目指します。

「産経新聞」定期購読キャンペーン概要
名称 「産経新聞」定期購読キャンペーン
期間 2003年7月15日~2003年11月30日
特典 期間中、新規に6ヶ月以上の「産経新聞」定期購読をUCカード決済でお申し込みいただいた方に、もれなくポイントプログラム「UCにこにこプレゼント」のポイント200ポイント(20万円ご利用分に相当)をプレゼント
「UCにこにこプレゼント」の対象とならないカードをご利用の方には、UCギフトカードにかえさせていただきます。
お申込み方法 電話:産経新聞UCカード係 0120-81-2950
ホームページURL:http://www.sankei.co.jp/reader/


「UCにこにこプレゼント2003」の概要
ポイント付与の
仕組み
(1) カード利用額1,000円につき1ポイントを付与。
(2) UCカードが自動集計し、毎月の「ご利用代金明細書」に獲得ポイントを記載。
(3) 以下の利用でポイント加算。
1) ポイント付与月が年間10回以上 プラス100ポイント付与
2) 1)を達成し、かつ通常ポイント累計が
1,000ポイント以上
プラス100ポイント
(ゴールド会員は150ポイント)
(4) ボーナスポイントプログラム
特定の加盟店やサービスを利用した場合に通常のポイントとは別にボーナスポイントを付与。
(5) ポイント残高はUCカードホームページで閲覧可能。
プレゼント申込方法
(1) 電話受付(音声ガイダンスにしたがって申込)
(2) UCカードホームページで申込
(3) 応募用紙を利用し、郵送により申込
賞品ラインナップ
エグゼクティブ
コース
オメガの時計等、ブランド小物、ソニー製のAV機器等
キッチングッズ
コース
アレッシイやグッチーニなどのおしゃれなキッチン用品等
インテリア
コース
コジオールやホグリなどのスタイリッシュな家具・雑貨等
ビューティー
コース
シュウウエムラのポーチやボディショップのフットバスなど、若年女性を対象としたバック、化粧品等
ビジネス
コース
レクソンのビジネス小物、PDA等
アウトドア
コース
コールマンのキャンプ用品、スポーツ用品等
キッズ
コース
子供がいる20代後半~30代の会員を対象としたキャラクター商品等
エンタテイメント
コース
ホテル宿泊券やレストラン食事券等
UCセレクション UCギフトカード、寄付(ユニセフ・WWF・フォスタープラン・国土緑化推進機構)、てんとう虫定期購読等
ポイント移行プログラム JAL、NTTドコモ、ビックカメラ等他社とのポイント交換

※ 一部のグループ会社では商品ラインナップが異なります。

以上


戻る