UCカード|UC MasterCard & UC VISA
2017年11月26日(日)より、新システムに移行いたしました。
このたび、UCカードとセゾンカードのそれぞれのシステムを統合し、2017年11月26日(日)より、新システムに移行させていただきました。
これに伴い、一部サービス内容を変更させていただきました。
You're Here:ホームコーポレートプロフィールニュースリリース:2002年度上半期詳細
ニュースリリース

2002年5月14日
UCのポイントをNTT Comの電子マネー「ちょコム」に移行できます!
UC、NTTコミュニケーションズの電子マネーとポイント共有化
  ユーシーカード株式会社(UCカード 本社:港区 社長:上杉純雄)は、6月1日より、自社ポイントプログラムのポイントをNTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com 社長:鈴木 正誠氏 本社: 千代田区)が発行する電子マネーと共有化します。

  今回UCカードが共有化するのは、NTT Comのインターネットプラットフォームサービス「セーフティパス」対応の電子マネー「ちょコム」です。「ちょコム」は、「セーフティパス」対応のネット通販サイト約1,000店で現金と同じように利用可能です。
  NTT Comの「ちょコム」とポイントを共有化するのは、カード会社でUCが初めてとなります。

  本サービスは、UCのポイントプログラム「UCにこにこプレゼント」100ポイントにつき「ちょコム」500ポイントの割合で移行できるものです。移行単位はUCにこにこプレゼント100ポイントが1口で、2口以上から何口でも移行可能です。
  応募は電話・インターネットで可能。当初は2002年6月1日から7月末日までの期間限定で実施しますが、今回の応募状況をみて本格移行開始予定です。

  UCカードではこれまでも、日本航空「JALマイレージバンク」、NTTドコモ「クラブドコモ」などとポイント共有化を実現していますが、本サービス開始により、UCにこにこプレゼントポイントの汎用性を一層拡大し、商品性向上を図ります。

以上



戻る