UCカード|UC MasterCard & UC VISA
2017年11月26日(日)より、新システムに移行いたしました。
このたび、UCカードとセゾンカードのそれぞれのシステムを統合し、2017年11月26日(日)より、新システムに移行させていただきました。
これに伴い、一部サービス内容を変更させていただきました。
You're Here:ホームコーポレートプロフィールニュースリリース:2002年度上半期詳細
ニュースリリース

2002年5月1日
「早稲田大学Paddyカード」がさらに便利に!写真付きでセキュリティもアップ!
UC、早稲田大学の学生向けにクレジットカードと同大学生協組合員証との一体型カードを発行
  ユーシーカード株式会社(UCカード 本社:港区 社長:上杉純雄)は、早稲田大学及び早稲田大学生活協同組合と提携し、同大学の学生向けに発行している「早稲田Paddyカード」をリニューアルし、同大学の生協組合員証と一体化した新しい「早稲田Paddyカード」を2002年4月より発行しています。

  「早稲田大学Paddyカード」は、UCカードをはじめとするカード8社と早稲田大学が提携し、同大学の学生向けに1998年より発行しているクレジットカードです。本カードには、海外・国内の旅行傷害保険や生協販売商品の割引サービスなどが付与されています。

  今回発行開始する新しい「早稲田大学Paddyカード」は、早稲田大学生協組合員証との一体型カードです。入会申込書は生協組合員への入会申込書と複写式になっており、生協への加入の際に一体型カードを希望すれば、通常の組合員証に代わり本カードが発行されます。
  もちろん、既存組合員も入会可能です。(本カードへの入会には所定の審査がございます。)

  新「早稲田Paddyカード」では、新たにカード裏面へ会員本人の顔写真が印刷されます。これは、本カードのユーザーがカード初心者の学生であることから、セキュリティ面にも配慮したものです。また、本カードを利用すれば、同大学生協各店舗で書籍等を割引価格で購入することができます。
  UCカード及び早稲田大学では今後、本カード会員に対する割引優待範囲の拡大や、学生食堂などへのカード取扱領域拡大など、学生生活をサポートする各種サービスを展開していく計画です。

  なお、大学卒業後は、早稲田大学校友会との提携カードである「早稲田UCカード」に切替となります。なお、「早稲田UCカード」は同大学図書館への入館証代わりとなる等の独自特典が付与されています。

  UCカードグループでは、早稲田大学のほかにも、慶応義塾大学、東京大学、青山学院大学、立教大学、日本大学などと提携し、学生もしくは同窓生向けカードを発行していますが、これらのカードの利用率はきわめて高い上に、カード利用代金の一部を各大学の教育活動に寄付する機能を持つなど社会貢献にもつながることから、今後とも積極的に推進してまいります。

以上



戻る