UCカード|UC MasterCard & UC VISA
2017年11月26日(日)より、新システムに移行いたしました。
このたび、UCカードとセゾンカードのそれぞれのシステムを統合し、2017年11月26日(日)より、新システムに移行させていただきました。
これに伴い、一部サービス内容を変更させていただきました。
You're Here:ホームコーポレートプロフィールニュースリリース:2001年度上半期詳細
ニュースリリース

2001年6月1日
UC、学校の情報教育用サイトに「クレジットカード」に関する教材を提供
「学校の情報化教育推進事業」及び「インターネット関連ビジネス事業」に協力、学校教育サイト「イーネット」にコンテンツを提供
 ユーシーカード株式会社(UCカード 本社:港区 社長:望月正二)は、社会貢献活動の一環として、インターネットを通じて学校向けに情報教育・社会教育の教材を提供するサイト「E*Net (イーネット)スクールエディション」に参画し、小学生・中学生・高校生を対象にクレジットカードの仕組みや正しい使い方を紹介する教育コンテンツ「クレジットカードのお話」を本日より提供します。
 本コンテンツのアドレスは(http://school.enet.ne.jp/estudy/se/)です。

 「イーネット スクールエディション」は、「学校の情報化教育推進事業」及び「インターネット関連ビジネス事業」推進のため、イーネット株式会社(本社:渋谷区 代表:孫泰蔵氏)により1998年に開設された学校専用ポータルサイトです。
 本サイトは、2002年より学校授業に導入される「総合的な学習の時間」のために、各種企業から先生と子供たちが安心して利用できるデジタルコンテンツを集め、全国の小、中、高校2,000校で、インターネット授業専用サイトとして利用されています。

 本サイトには、総合学習として「科学とエネルギー」「情報化技術」など5つのカテゴリがあり、UCカードはこの中の「日本の産業」のカテゴリにコンテンツを提供します。「日本の産業」コンテンツでは、日本の様々な産業を代表する企業が、その産業の成り立ちや仕組みなどを紹介するコンテンツを提供しており、今回「クレジットカード産業」を紹介するコンテンツの提供をUCカードが行うことになったものです。

 今回作成したコンテンツは、早い段階から「クレジットカード」に関する正しい知識の吸収とともに、計画的なクレジット利用の重要性を啓発することを目的としています。
 UCカードでは、今後も企業としての社会的責任を果たすべく、社会貢献活動に積極的に取り組んでまいります。

以上



戻る