UCカード|UC MasterCard & UC VISA
2017年11月26日(日)より、新システムに移行いたしました。
このたび、UCカードとセゾンカードのそれぞれのシステムを統合し、2017年11月26日(日)より、新システムに移行させていただきました。
これに伴い、一部サービス内容を変更させていただきました。
You're Here:ホームコーポレートプロフィールニュースリリース:2001年度上半期詳細
ニュースリリース

2001年4月24日
UC、「内藤剛志」「神田うの」のコンビを2001年度CMキャラクターに起用
 ユーシーカード株式会社(UCカード 本社:港区 社長:望月正二)及びUCカードグループでは、昨年度に引き続き「内藤剛志(ないとうたかし)」さん、「神田うの(かんだうの)」さんのコンビをCMキャラクターに起用した新しいテレビCM「インターナショナルカード・サッカー編」を制作し、4月25日よりオンエアを開始します。

  UCカードグループでは2000年度より、これまでの内藤さんに加え、若い女性からカリスマ的存在として高い支持を得ている神田さんをイメージキャラクターとして起用し、若年層をメインターゲットとした各種広告宣伝活動を展開しています。

  中でも、2000年夏に放映したテレビCM「のどから手が出る編」では、神田さんが手に入れたコンサートチケットを欲しがるあまり、内藤さんののどから思わず手が出てしまうというエキセントリックな表現が大きな話題となり、大手CM調査会社による好感度調査において金融部門1位を獲得する等、 高い評価を得ました。

  本年度も、昨年度に引き続き内藤さん、神田さんのコンビを継続起用し、スタイリッシュでちょっぴりユーモラスなCMを制作、20代の若年層を中心とした幅広い年齢層へのさらなるブランドイメージの浸透を図ります。

  今回新たに制作したCMは、「インターナショナルカード・サッカー」編。前回に引き続き、内藤さん扮する「UC星人」と神田さんの二人が演じるコミカルなストーリーを通じて、UCカードの国際性を強力にアピールします。

【CMストーリー】
ここは海外のとある国にあるサッカースタジアム。「UC星人」チームと「地球人」チームの国際(?)親善試合は、一進一退の好ゲームとなっています。 「UC星人(内藤さん)」のラフプレーに、すかさず「うの」審判がホイッスル。「イエローカードだよね」とおびえるUC星人、「レッドカードデショ?」と詰め寄る外国人選手。 しかし、うのちゃんが取り出したのはなんと「UCカードだよ~!」 静まり返るスタジアム。思わず差し出されたカードを受け取るUC星人。海外遠征の際も、マスターカード、VISAという2大国際ブランドのついたUCカードなら安心、というわけです。 地球の選手たちも、「ソレダッタラホシイィー」と言い出す始末。2002年、世界へ飛び出す選手たちにUCカードは必需品となりそうです。

  今回制作した新CMのテーマは「国際性」。国内213万店、全世界1900万店で幅広く利用できるUCカードの便利さを強力にアピールします。また、「サッカー」をテーマとすることで、サッカーファンの中核を占める若年層へのブランディング効果も期待しています。

  UCカードグループでは、本テレビCMのオンエアに合わせ、新聞、雑誌、交通広告等でも二人を活用した立体的な広告宣伝をシリーズ展開し、UCブランドの一層のイメージアップを図ります。
  なお、新CMは、日本テレビ系列29局ネット「ザ!世界仰天ニュース」(毎週水曜日21:00~22:00)でオンエア、また、7月以降は関東地区にてスポットでも放映予定です。

以上



戻る