UCカード|UC MasterCard & UC VISA
You're Here:ホームコーポレートプロフィールニュースリリース:2000年度下半期詳細
ニュースリリース

2001年3月27日
~20代独身社会人500人に聞く~
新世代コミュニケーション白書2001
その2
3.コミュニケーション費用の内訳
コミュニケーション費用(平均)
「つきあいとしての飲食代」 18,217円
「電話・Eメール代」 10,294円
「つきあいとしてのレジャー・旅行代」 9,336円
「手紙など郵便代」 134円
「その他」 7,589円

 先にみたコミュニケーション費用を「電話・Eメール代」「手紙など郵便代」「付き合いとしての飲食代」「付き合いとしてのレジャー・旅行代」「その他コミュニケーション関係費」の5項目に分類して、各費用の割合をみてみると、「付き合いとしての飲食代」が4割(40.0%)で最も多く、次いで「電話・Eメール代」(22.6%)、「付き合いとしてのレジャー・旅行代」(20.5%)がともに2割強で続いています。「手紙など郵便代」(0.3%)は極めてわずかな割合となっています。

性別と年齢別
→手紙以外は男性が、また、若い世代の方が多くのお金をかけている。

平均 男性 女性 20~22歳 23~25歳 26~29歳 最高額
「付き合いとしての飲食代」 18,217円 21,048円 15,375円 18,449円 17,958円 18,253円 80,000円
「電話・Eメール代」 10,294円 11,397円 9,187円 11,485円 10,019円 9,474円 80,000円
「付き合いとしてのレジャー・旅行代」 9,336円 21,048円 15,375円 9,777円 9,133円 9,126円 100,000円
「手紙など郵便代」 134円 99円 169円 115円 98円 185円 3,000円
「その他」 7,589円 8468円 6,707円 9,060円 7,461円 6,375円 100,000円


4.アフター5の飲食費用
職場以外の友人とは一人あたり平均3,900円
職場の同僚・友人とは一人あたり平均3,500円
そのほとんどはワリカン。

 職場以外の友人とアフター5に飲食した時の一人当たりの費用は平均していくらぐらいかを聞くと、「3~4千円未満」(27.5%)、「5~6千円未満」(23.1%)、「2~3千円未満」(17.4%)、などの順で、平均は「3,900円」でした。
 性別にみると、平均は《男性》(4,500円)の方が《女性》(3,400円)よりも1,000円以上高い金額となっています。

 年齢別では、年齢が上がるほど金額も高くなっており、最も年下の《20~22歳》(3,300円)と最も年上の《26~29歳》(4,600円)では1,300円の差があります。これらはいずれも給料の差によるものと考えられます。
 一方、職場の同僚・友人とアフター5に飲食した時の一人当たりの費用はどのくらいかをみると、「3~4千円未満」(31.3%)が最も多く、以下「2~3千円未満」(21.0%)、「5~6千円未満」(18.6%)、「2千円未満」(11.9%)、「4~5千円未満」(10.3%)などの順で、平均は「3,500円」です。この金額は、先の"職場以外の友人と飲食した時の費用"(平均3,900円)よりも400円低い金額で、職場の同僚・友人との間ではやや節約する傾向があることがうかがえます。
 またここでも女性よりは男性が、若い人より年上の人の方が多いという傾向が見られました。

 なお、両方についてその代金はワリカンか、オゴリかを聞くと、職場以外の友人の時、職場の同僚・友人いずれも「ワリカンが多い」(91.2%/93.6%)という回答が圧倒的で、2001年の若者の間で「オゴリ、オゴラれ」という関係はほとんどないようです。
 
<その1へ その3へ>


戻る