ユーシーカード加盟店追加規約(タクシー会社クレジット用)
 
第1条(信用販売の方法)
1. 加盟店は会員からカードの提示による信用販売の要求があった場合は、カードの真偽、有効期限、紛失・盗難などの通知の有無などを確認のうえ、以下のとおり取扱うものとします。
(イ) 加盟店は予めユーシーカード株式会社(以下当社という)が認めた車載端末機(以下端末機という)を使用して全件承認番号を取得するものとします。
(ロ) 端末機の売上レシート(以下売上票という)に会員番号、有効期限、金額および乗車日等所定の事項を印字のうえ、その場で会員の署名を徴求し、カードの署名と売上票の署名が同一であることを確認するものとします。
(ハ) 本条第1項(イ)の処理で当社の承認が取得できなかった場合は、信用販売を行わないものとします。
(ニ) カードの磁気不良、端末機の故障等により本条第1項(イ)に定める処理ができない場合は、信用販売を行わないものとします。
2. 前項の場合、売上票に記載できる金額は以下のとおりとします。
(イ) タクシーメーターの表示額によるものとします。
(ロ) 加盟店が会員からの依頼または了解を得て有料の道路または駐車場を使用した場合は、その料金も加えることができるものとします。
(ハ) 本条第2項(ロ)以外の立替金、精算金は含まないものとします。
3. 会員が信用販売により支払った場合において理由の如何を問わず返金の必要が生じた場合は、カードによる取消しで処理するものとし、現金による返金は行わないものとします。
4. 以下の売上票は無効とします。
(イ) 売上票の記載事項が改ざんされているもの。
(ロ) 売上票の金額訂正、売上金額の分割記載、乗車日と異なる日付記載等がされているもの。
(ハ) カードの有効期限切れのもの。
第2条(信用販売限度額)
1. 加盟店が会員1人当たり1回の乗車で信用販売できる金額は、 3万円未満とします。
2. カードによる信用販売の場合、1回の乗車につき端末機の複数回の操作による分割売上、または2枚以上のカードによる分割売上は行わないものとします。
なお、1回の乗車とは、同一使用者による継続した乗車をさし、途中で精算をしても連続して乗車した場合は1回とみなすものとします。
第3条(支払いの拒絶・留保)
1. 加盟店が以下(イ)・(ロ)・(ハ)に該当して信用販売もしくは、債権譲渡を行ったことが判明した場合は、当社は当該金額の支払いを拒絶することができるものとします。
(イ) 本規約または加盟店が当社と締結している他の契約等に違反して信用販売を行った場合。
(ロ) 売上票が正当でないこと、または売上票の内容が不実である場合。
(ハ) 当社の承認を必要とする場合において、加盟店が承認を得ないで信用販売を行った場合。
2. 加盟店が行った信用販売について、当社が調査の必要があると認めた場合、加盟店は速やかに調査に協力するものとし、当社に対して売上代金の内訳(タクシーメーター料金・高速料金等)、乗降車日時、カード売上日時、乗車距離を機械的に証明するもの、取扱い乗務員名、車両番号等調査に必要なものを提示するものとします。
3. 当社は前項の調査が完了するまで当該金額の支払いを留保することができるものとします。
第4条(不正使用およびカード取扱いの中止)
1. 不正使用とは、以下のことをいいます。
(イ) カードの状態にかかわらず、架空売上等の不実売上。
(ロ) 偽造・変造カードでの利用。
(ハ) 資格取消会員のカードでの利用。
(ニ) 第三者による盗難・紛失等のカードでの利用。
2. 加盟店は、カード取扱いに注意し、不正使用の発生を防止するよう心掛けるものとします。
3. 加盟店が原規約または本規約に定める事項に違反した場合、または当社が加盟店の不正使用の発生を認めた場合には、当社は加盟店に対し通知することにより、加盟店のカード取扱いを直ちに中止することができるものとします。
4. 加盟店が行った信用販売のうち不正使用の発生率が手数料率を上回るような場合は、当社は加盟店に対し書面にて通知することにより、手数料率を上回る不正使用による売上金額を当社が指定する期日までに返却する、もしくは次回以降の加盟店に対する支払金と相殺することができるものとします。但し、買戻された不正売上を除いた不正使用の発生率を対象とします。
5. 不正使用の発生率の通知は、原則年2回行うものとし、毎年4月1日から9月末日までに当社が受け付けた売上については11月末日までに、毎年10月1日から翌年3月末日までに当社が受け付けた売上については5月末日までに当社から加盟店宛行うものとします。
6. 当社の申し出により、加盟店は本条第3項の通知後、即刻カードによる信用販売の取扱いを中止すると共に加盟店標識を撤去するものとします。
7. 本条第3項の通知後、信用販売した売上票は債権譲渡の対象とはならないものとします。
第5条(端末設置使用規約の遵守)
加盟店は、端末機の設置、使用及び取り外しに関して、その使用規約ならびにその取扱いに関する契約の定めるところに従うものとします。
第6条(本規約に定めのない事項)
加盟店は、本規約に定めのない事項については原規約に従うものとします。
(2009年5月現在)
ユーシーカード加盟店追加規約(UCタクシーチケット用)
 
第1条(総則)
1. ユーシーカード株式会社(以下当社という)に本追加規約を承認のうえ、UCタクシーチケット(以下タクシーチケットという)の取扱いを申し込み、当社が取扱いを認めた個人、または法人をタクシーチケット取扱い加盟店(以下加盟店という)とする。
2. 本追加規約は、加盟店がユーシーカード加盟店規約に基づき、タクシーチケットの取扱いを行う場合の追加規約につき定めるものである。
3. 加盟店は、タクシー乗車、または自動車運転代行利用に関わる料金についてのみタクシーチケットを取扱うことができるものとする。
第2条(信用販売の実施)
加盟店は、当社が提携するカード会社、組織の会員(以下会員という)、もしくは会員がタクシーチケットの使用を認めた第三者(以下両者を含めチケット使用者という)が、タクシーチケットを提示して料金の支払いを申し出た場合は、本追加規約の定めるところに従い、チケット使用者に対して信用販売を行うものとする。
第3条(信用販売の方法)
1. 加盟店はチケット使用者からタクシーチケットの提示による信用販売の要求があった場合は、タクシーチケットの真偽・有効期限、および利用日付・乗車区間・金額・会員の署名等を確認する。
2. 前項の場合、タクシーチケットに記載できる金額は車両(タクシー、または自動車運転代行における随伴用自動車)に備え付けたメーターの表示額による。また、加盟店がチケット使用者の依頼または了解を得て有料の道路または駐車場を使用した場合は、当該料金も加えるものとし、その他の立替・精算金は含まないものとする。また、タクシーチケットの金額訂正、1万円未満の売上金額の分割記載、取引日と異なる日付記載等は行なわないものとする。
3. 以下のタクシーチケットは無効とする。
(イ) 記載事項が改ざんされているもの。
(ロ) 著しく汚損または破損したもの。
(ハ) 有効期限切れのもの。
(ニ) 利用日付や会員署名等、必要事項の記載がないもの。
第4条(信用販売限度額)
タクシーチケット1枚あたりの信用販売限度額は、金額記入欄が4桁、または5桁(当社が提携する企業向けのタクシーチケット)により以下の通りとする。
(イ) 金額記入欄が4桁のタクシーチケット
1枚あたりの信用販売限度額は1万円未満とし、チケット使用者1人当たり1回の信用販売額が1万円以上の場合は、タクシーチケット複数枚を使用し、利用額に充当することができるものとする。但し、1回あたりの利用枚数は3枚までとする。
(ロ) 金額記入欄が5桁のタクシーチケット
1枚あたりの信用販売限度額は3万円未満とし、1回あたりの利用枚数は1枚のみとする。
第5条(支払いの拒絶・留保及び買戻しの特約)
第3条第3項に該当し、無効であるタクシーチケットを取扱った場合、及び本追加規約に違反して信用販売を行った場合、当社は支払いの拒絶・留保、または買戻しの請求ができるものとする。
第6条(準用規定)
本追加規約に定めのない事項については、ユーシーカード加盟店規約の定めによるものとする。
 
(2015年9月現在)
戻る