UCカード|UC MasterCard & UC VISA

こんな手口にご注意!

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」という広告にご注意ください!

最近、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」等をうたった広告が、新聞、雑誌、看板、インターネット等で多く見受けられ、決済にクレジットカードが利用されていることがあります。

このような取引行為は換金目的であり、当社では会員規約で禁止しています。

このような利用をすると会員の方ご自身が思わぬ犯罪やトラブルに巻き込まれる危険性もありますので、決して利用しないでください。

当社は、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事業者との加盟店契約は締結することはありません。くれぐれもご注意ください。

有名ブランド品の偽物を販売するショッピングサイトにご注意ください

最近、有名ブランド品のアウトレットショップを装い「偽物」を販売するサイト利用のトラブルが急増しています。トラブルの大半は「連絡先が分からずキャンセルできない」「粗悪品を送りつけられた」など、国内業者を装った海外業者のため、連絡がつけられない状況となっています。カード利用の際は、正規ブランド店にご確認いただくなど、信頼の出来るサイトであることをお確かめのうえ、ご利用ください。なおこのようなサイトのご利用はお客様の意思によるものとみなし、カード利用代金はご請求させていただきます。くれぐれもご注意ください。

*注意例
・正規商品と比較して価格が安すぎる
・返品方法として記されている返送先住所が曖昧
・日本語表示にたどたどしさがある など

*偽(コピー)商品を購入、日本国内へ持込むことは、知的財産権の侵害などとして法律に抵触する恐れがあります。

オンラインゲームのトラブルにご注意ください!

スマートフォンやタブレット型端末などの普及に伴い、お子様がご家族(親・祖父母)のクレジットカードをオンラインゲームで利用し高額請求となるなどのトラブルが増えています。クレジットカードはカードご名義人以外はご利用いただけません。トラブルを招かないためにも、お子様が利用するオンラインゲームのしくみとカードの管理責任について十分なご理解をお願い申しあげます。

-オンラインゲームのトラブルを防ぐために-
 ・インターネットの利用についてご家族でルールを設ける。
 ・クレジットカード番号を登録したID・PWをお子様が利用しないよう、利用後はサイトからログアウトする。
 ・ID・PWはご家族間でもわからないように適切に管理する。
 ・クレジットカードはお子様の手の届かないところで適切に管理する。

カード情報のご登録、ご利用は、充分にご注意ください。

*カード番号や個人情報の登録による取引は、カード名義人様のご利用意思があったものとして、ご請求させていただくこととなりますので、事前の注意が必要です。

インターネットでの買い物やオンラインゲームでのID・パスワード管理にご注意ください!
最近、パソコンやスマートフォンにてインターネット上で登録したログインIDやパスワードを第三者が不正に入手し、本人になりすまして悪用する事件が多発しております。
お客様におかれましては、ログインIDやパスワードを第三者に知られないよう充分ご注意いただくとともに、以下のケースに該当する場合は、それぞれ変更することを強くおすすめしております。

・複数のインターネット上のサイトで同一ID・パスワードを登録している場合
・以下のようなパスワードを登録している場合
 ・名前、地名、生年月日、電話番号など推測されやすい文字列・数字
 ・キーボード上に並んだ文字列(QWERTYなど)
 ・人名、名所ほか、よく使われる英単語

*パスワードは定期的に変更してください。

*お客様が第三者にID・パスワードを知らせたことから生じた損害は、お客様のご負担となります。ただし、お客様の故意または過失がなかったことが当社で確認できた場合は、お客様のご負担とはなりません。

*ID・パスワードの管理には充分ご注意願います。


なお、日本クレジットカード協会では不正使用を防止するために、ID/PWの使い回しによる不正使用被害についての注意喚起を行なっております。詳しくは、以下のリンク先よりご確認ください。

悪質な「有料メール交換サイト」にご注意ください!!
ウェブ上のコミュニティサイトや内職紹介・アルバイト情報サイト等に登録した後、

 「高収入が得られる」
 「お金をあげるから話し相手になって欲しい」
 「(マネージャーと称する者から)担当している芸能人の悩みを聞いて欲しい」

など利用者の心情に訴え、メール送受信に必要なポイントの購入を促し、
後日多額な請求を受けるというトラブルが多発しております。
また、そのメールの文字化け解除費用などの名目で、
お金を請求されたという事例もあります。

「在宅で簡単に高額収入」のコメントにはご注意ください!
電話やインターネットサイトの「登録無料、在宅で簡単に高額収入。」などの誘導コメントに惹かれて申し込みを行い、カード情報を登録すると、非常に難しい教材が送られてきて、もともと不可能な資格取得を条件に仕事の斡旋を暗示し、資格の取得ができないままに、教材費などを含めた高額請求を受けるケースが多発しています。悪質な業者からの勧誘にはご注意ください。

eメールやDM、電話等でお客様のカード情報を聞き出す手口にご注意ください。
カード会社(VISAやMastercard、カード発行会社等)やインターネットプロバイダ、金融機関等を装い、eメールやDM、電話等でお客様のカード番号や有効期限、暗証番号等を聞きだそうとしたり、お客様のご自宅を訪問してクレジットカードやキャッシュカードを騙し取るなどして、不正にカードを使用するという悪質な詐欺が発生しています。
お客様におかれましては、安易に情報を伝えたり、第三者にカードを渡す等は、絶対になさらないようにお願い申しあげます。

Webサイト内の「登録無料」などの誘導バナーにご注意ください!
「登録無料」と謳われたバナーをクリックしたにもかかわらず有料サイトへ誘導され、カード情報を登録することにより、多額の請求を受けるケースが発生しています。

「誰でも簡単に収入が得られる」とのキャッチフレーズにはご注意ください!
「健康と収入が手に入れられますよ」などの謳い文句により、「あなたはこの素晴しい健康食品を特別割引で購入できるうえ、友人・知人を紹介すると報奨金がもらえますよ」などの説明を受け、取引した結果、高額のクレジット購入代金だけが残ってしまうケースが発生しています。

フィッシング詐欺(Eメールでお客様のカード情報を聞き出す手口)にご注意ください。

カード会社(VISA、Mastercard、カード発行会社等)や銀行、実在する有名企業(Yahoo!Japan等)の名前を騙った偽Eメールを送信し、そこにリンクされた偽ホームページ上でお客様のカード情報(カード番号、有効期限、暗証番号、セキュリティコード、インターネット取引で使用するパスワード等)を騙し取り、不正使用を行うフィッシング詐欺が発生しております。

カード裏面 セキリティコード(3桁の数字) 一例

偽Eメールの事例として、以下が挙げられます。

(1)

「お客様のカードのセキュリティ強化の為、カード情報の確認が必要です。リンク先ページで、カード情報を登録してください。」

(2)

「お客様へのサービスの中断を避ける為、カード情報の確認が必要です。リンク先ページで、カード情報を登録してください。」


このようなEメールは、UCカード及びUCカードグループ各社とは一切関係のないものであり、お客様のカード情報(会員番号、有効期限、暗証番号、セキュリティコード、インターネット取引で使用するパスワード等)をおうかがいすることもございません。

このような不審なメールや電話またはDM等を受け取られましても、ご回答されることのないようにくれぐれもご注意ください。(実際に送信されているメール (PDF:250KB)

都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口に設置された『フィッシング110番』にご連絡するか、
最寄りの警察署にもご相談ください。
※都道府県警察のサイバー相談窓口は、警察庁のホームページでご確認ください。

  

「日本クレジットカード協会(JCCA)」ホームページにフィッシング詐欺被害に
遭わない為の予防事例が動画「いつもキミをまもりたいから」で紹介されております。
是非ご覧ください。

クレジットカード業界団体名やカード会社名を用いた詐欺行為にご注意ください!

最近、「日本クレジット協会」を名乗り、お客様のご勤務先などを訪問し、「カードが不正使用されているのでカードを確認したい」と調査を名目にクレジットカードをだまし取り、暗証番号を聞き出すなどして、カードを不正に使用する悪質な詐欺が発生しております。

弊社が加盟しております「日本クレジットカード協会」と「日本クレジット協会」とは一切関係がございませんのでご注意ください。また、日本クレジットカード協会等の業界関連団体が、クレジットカード等の個別契約に関する調査を個人に直接行ったりすることはございません。お客様におかれましては、第三者にクレジットカードをお渡ししたり、暗証番号などの重要なクレジットカード情報をお伝えしたりすることは、絶対になさらないようお願い申し上げます。
また当社名を名乗り、お客様のカード情報(カード番号、有効期限、セキュリティコード等)を聞き出す等の手口も発生しておりますので、ご注意ください。

ご不審を感じられた場合は、下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

<本件についてのお問い合わせ>

「電話アンケート調査」を装った詐欺行為にご注意ください!

最近、実在する有名企業の名前を使い、「電話アンケート調査」を装って、電話口でお客様のカード情報(カード番号、有効期限、暗証番号、セキュリティコード等)を聞き出し、その情報を元にカード悪用しようとする詐欺行為が発生しております。

カード情報を聞き出そうとするアンケート調査等、不審な電話を受けられた場合は、カード情報の回答をせず、下記までご連絡ください。

<本件についてのお問い合わせ>

<みずほ>等を名乗る金融業者にご注意ください

「<みずほフィナンシャル>と名乗る金融業者から、ユーシーカード(株)を保証会社とした無担保の融資を勧誘するダイレクトメールが送付されてきた」「<株式会社みずほステーションファイナンス 〔みずほステーション〕><みずほリテールマネージメント> と名乗る金融業者から、みずほUCカードやビジネスローン、不動産担保ローンを勧誘するダイレクトメールが郵送されてきた」 「<ユニオンカード株式会社>からダイレクトメールが送られてきたがユーシーカード(株)と関係あるのか」 とのお問い合せをいただいております。

これらの金融業者は、当社(本社:東京都港区台場2-3-2 代表取締役社長 樋口 一成 )とは、一切関係ありませんのでご注意いただきますようお願いいたします。

「債権譲渡を騙(かた)る金銭詐欺」にご注意ください!

最近、クレジットやローンを契約されたお客様に対し、電報・ダイレクトメール・電話等により、「カード会社から債権譲渡された(或いは買い取った)ので△△万円を支払え」といった、悪質な詐欺事件が、発生しております。

このような悪質業者は、「協会」「組合」「センター」といった公的機関を思わせる名前を使用していることもあります。

当社では、このような悪質業者に対して債権を譲渡したり、取り立てを委託することはありませんので、もし、このような不審な電話等を受けた場合には、速やかに下記までご連絡ください。

カード管理・暗証番号についてのご注意事項

カード紛失・盗難の際、カードと同時になくした免許証・保険証などから暗証番号を推測され、ショッピング・キャッシング被害に遭うケースが増加しています。第三者に簡単に類推される暗証番号をご登録されることはくれぐれもおやめください。なお、万が一暗証番号を使って不正に利用された場合は、会員様のご負担となりますのでご注意ください。

  • *他人には絶対に暗証番号は教えないようにしましょう
    →どんなに親しい友人でも、暗証番号を教えることはおやめください。またカード会社や警察などが暗証番号をお伺いすることはございません。

  • *暗証番号はお客様だけにしかわからない番号にしましょう
    →生年月日、電話番号(自宅・携帯など)、ご住所の番地、部屋番号、車のナンバー、またそれらから類推される番号などは避けてください。

  • *暗証番号を書き込んだメモなどをカードと一緒に持ち歩かないようにしましょう
    →暗証番号を書いたメモを財布に入れておいたり、カードに暗証番号を書き込むのは厳禁です。

最近、ゴルフ場や温浴施設などにおける暗証番号鍵式の貴重品ロッカーにおいて、暗証番号を小型カメラで盗撮し、貴重品ロッカーから現金やカードを盗み取る、またはカードを偽造して不正使用を行う手口の犯罪が度々発生しています。

  • *暗証番号の兼用はしないでください
    →暗証番号鍵式の貴重品ロッカーを使用する際には、キャッシュカードやクレジットカードと同じ暗証番号を使用しないなど、盗難には充分ご注意ください。

電車内や駅でのスリ

深夜の電車内や駅のホームで、眠り込んでいる人から、貴重品や鞄を盗む手口。
人気のない電車内や駅のベンチでの居眠りは禁物です。
特に、お酒を飲んだときは注意してください。


駐車中の車からの盗難

ファミリーレストラン・スーパー・パチンコ店・レジャー施設などの駐車場に停めた車から貴重品を盗む手口。
ドアにロックをしても、車を離れるときは、貴重品は車内には置かず、常に身につけてください。


飲食店などの店内でのスリ

飲食店や理髪店、遊技場(パチンコ店、麻雀店、ゲームセンター)などで、椅子や壁に掛けた上着や鞄から財布などを抜き取る手口。
故意に店員とトラブルを起こして、店員や客の気を引き、そのスキに別の仲間が盗むこともあります。
貴重品は肌身離さず持つようにしてください。


「海外宝くじやロト」「賞金に当たった」というDMにご注意ください!

『おめでとうございます!あなたは500万円の当選権を獲得しました!』といった内容のダイレクトメールにご注意ください!『当選金の獲得申し込みのため・・・』などと称して申込書にカード番号の記入を求めてきます。しかし実際は、その契約は当選金の申し込み契約ではなく、海外宝くじやロトの定期購入契約と称して毎月請求を続けてくる等で、賞金を受け取れることはほとんどありません。
「キャンセルしたいが業者と連絡が取れない」「業者がキャンセルに応じてくれない」といったトラブルも報告されています。
また、たとえその契約が詐欺でなかったとしても、国内から海外宝くじやロトを購入する行為は法律に抵触する恐れがあります。勧誘にはくれぐれもご注意ください!

インターネットギャンブルについて

海外で実施されている「宝くじや馬券、スポーツ勝敗予想」などのギャンブルにインターネットを使用して申し込む場合、本人の気づかないうちに「違法行為」に巻き込まれる可能性のあることが指摘されています。UCカードグループでは、2003年8月1日より、「会員様保護」の観点から「インターネットギャンブル」においてのカード利用を制限させていただいております。
予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

偽造カードの被害が急増しています!

最近、スキミングという手口による偽造カードの被害が発生しています。スキミングとは、タバコサイズのカード情報読取装置などで、クレジットカードの磁気データを盗み取り、他のカード(偽造カード)にコピーして不正使用する手口のことをいいます。
偽造カードは一見、本物と見分けがつきにくいほど精巧に作られているため、未然に被害を防止できない場合もございます。

当社ではこうした偽造カードの被害を抑止するため、加盟店でのご利用の際に、「ご本人様であること」を確認させていただく場合があります。何卒、不正使用防止にご理解・ご協力を賜りますようお願い申しあげます。

主な手口

スポーツクラブやサウナなどのロッカーから、カードの磁気情報だけコピーする。

レストランや居酒屋などの飲食店で、ハンガーや背もたれに掛けた上着のポケットからカードの磁気情報だけコピーする。

カードの使用・保管時の注意点

カードを利用する際は、極力自分の目の前で処理してもらいましょう。

財布やカードケース等の貴重品は、長時間手元から離れることのないようにしましょう。

カードはむやみに他人に渡さないようにしましょう。また、所持するカード枚数は随時確認しましょう。

カード犯罪や不正使用からお客様をお守りするために

当社では、大切なお客様のカードが不正利用やトラブルに巻き込まれるのを事前に防止するため、皆さまのご利用に迷惑がかからないことを最優先に、24時間365日体制でカードの不正利用を検知するシステムにて、ご利用状況をモニタリングさせていただいております。


店頭でご本人様確認をさせていただくことがございます。
加盟店でカードをご利用の際、ご本人様のご利用であることを電話口などで確認させていただく場合がございます。少々お時間がかかりご迷惑をおかけすることがございますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

ご利用を確認させていただくことがございます。
カードご利用後に、ご本人様のご利用であったことを確認させていただくために、ご連絡させていただくことがございますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

お客様のご利用を保留させていただくことがございます。
お客様がカードをご利用された際に、過去の不正利用のパターンと類似している場合など、カードのご利用を保留させていただく場合がございます。
会員の皆さまにはご不便・ご迷惑をお掛けする場合がございますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。